オロナインでアクロコルドンは治せる?

「オロナインは肌トラブルには何でも効く!」
と思っていませんか?

 

「イボにもオロナインを塗っていれば効果があるに違いない。」

 

オロナインがイボに効果があるのか?

 

結論からいえば、直接的な効果はありません。

 

イボをオロナインだけで治そうとするのは、かなり難しいといえます。

 

 

そもそも、オロナインの効果は「殺菌」「止血」になります。

 

配合されている成分「クロルヘキシジングルコン酸塩液」は殺菌成分です。
さらに、「ラウロマクロゴール」などで止血効果があります。

 

この成分により、さまざまな肌トラブルに効果があります。

 

例えば、にきび、吹き出物、やけど、水虫、たむしなどにオロナインは用いられます。

 

 

皮膚トラブルは、バイキンなどが原因になっている場合が多いです。

 

肌に炎症を起こしている場合も多いですから、止血作用も効果的です。

 

 

「オロナインを塗っていれば治る。」
というのは、この辺りから考えられているのでしょう。

 

 

では、オロナインはアクロコルドンにも効果があるのでしょうか?

 

残念ながら、アクロコルドンにオロナインは効果がありません。

 

アクロコルドンの原因は、バイキンではありません。

 

古い角質が固まったものがイボの正体です。
その原因は、「老化」です。

 

老化によるイボですから、殺菌作用は必要ありません。

 

 

古い角質に、オロナインを塗っても意味はありませんよね。

 

だって、オロナインの効果は殺菌と止血ですから。

 

 

イボを掻きむしったりして、炎症が起きていれば、炎症に対する効果はあるでしょう。

 

でも、イボを取る効果はありません。

 

 

オロナイン以外でもケラチナミンや、ニベア、尿素クリームを使用も直接的な効果はありません。

 

首や顔に使う場合、皮膚がかぶれてしまう恐れもあります。
ですから、ケラチナミンやニベアなど、使用する前には、顔や首に使えるのかを確認してください。

 

イボを治そうとしているのに、逆に肌にトラブルを起こしては意味がありません。

 

オロナインで、イボを治そうとうするのではなく、専用の薬を使うようにしましょう。

 

ヨクイニンやハトムギ、杏仁オイルなどがイボに効果があるとされています。
また、専用の化粧品なども市販されています。

 

アクロコルドンには、アクロコルドンのケアを行うようにしましょう。