治療方法は2つ!あなたはどっちを選ぶ?

アクロコルドンの治療方法は2通りあります。

 

病院へ行くか、自分でなんとかするか。

 

アクロコルドンは、首や顔、脇などにできる良性のイボです。

 

別名「老人性イボ」

 

その名の通り、歳を取ると誰にでも出てくるイボです。

 

良性のイボですから、放置しておいても問題はありません。

 

ただ、首や顔にできていると目立ちますよね。
特に女性の場合は、イボは気になります。

 

首や顔にアクロコルドンがあると、オシャレもできません。

 

だからこそ、
「何とか治療したい。」
と思うものです。

 

では、アクロコルドン治療方法はどんなものがあるのでしょう?

 

あなたにピッタリの治療方法でアクロコルドンを治してくださいね。

 

 

病院(皮膚科)での治療。やっぱりプロに任せよう。

アクロコルドンは病院(皮膚科)で治療できます。

 

病院での治療方法は2つあります。

 

 

液体窒素、レーザー治療です。

 

 

液体窒素

液体窒素は、多くの病院で保険適用となる治療です。
費用も、1回1,000円程度になります。

 

液体窒素をイボに押し当てて、壊死させることで除去します。

 

麻酔を使用しませんので、多少の痛みを感じます。
まれに、色素沈着を起こす可能性もあります。

 

レーザー治療

イボにレーザーを当ててイボを除去する方法です。

 

保険適用外となる場合が多いので、費用は高めになります。
平均で、1個5000円くらいのところが多いです。

 

しかし、保険適用外ですから料金は病院によってかなり差が出てきます。

 

治療前に、必ず金額の確認はするようにしましょう。

 

治療には、麻酔が使われますから痛みはありません。
処置の跡もキレイに取れるのが特徴です。

 

 

イボを直接取る治療は、以上の2つです。

 

その他に、薬での治療もあります。

 

ヨクイニン(はとむぎ)

はとむぎから抽出された成分が「ヨクイニン」になります。
ヨクイニンは、漢方薬として昔から使われてきた成分になります。

 

肌の新陳代謝を高める効果があるので、イボにも効果があるとされています。

 

しかし、イボに直接的に働きかけるものではありません。

 

ですので、イボへの効果を実感するには時間もかかります。
また、人によっては効果がでない人もいます。

 

 

やっぱり自分で!自宅で治療する方法

 

  • 病院ヘ行く時間がない
  • 治療がコワイ
  • お金がない
  • 病院へ行くのは最終手段にしたい

いろんな理由で、病院での治療を選ばない人もいます。

 

自宅で、自分でアクロコルドンを治療する方法を紹介します。

 

 

サプリメント

病院でも処方される「ヨクイニン」の摂取です。

 

実は、ヨクイニンはドラッグストアなどの薬局でも購入することができます。

 

 

はと麦茶

普段飲んでいる飲料をはと麦茶に変えてみましょう。

 

ヨクイニンははと麦に含まれています。
もちろん、はと麦茶でも同じです。

 

マッサージ

アクロコルドンができているところをマッサージします。

 

血行が良くなることで、新陳代謝が高まり、肌のターンオーバーのサイクルも効果がでます。

 

肌のターンオーバーはイボケアには、とても重要です。
正常のサイクルに近づけるようにしましょう。

 

マッサージを行うときは、マッサージクリームなどの使用を忘れずに。

 

 

スキンケアの見直し

普段使っている基礎化粧品を見直してみましょう。

 

最近では、化粧品でイボのケアができるものもあります。

 

オールインワンジェルでケアできるものもあります。
普段のスキンケアで、アクロコルドンのケアができますから、とても楽です。

 

今できているアクロコルドンはもちろん、今後出てくるアクロコルドンにもサポートしてくれます。

 

アクロコルドンは、どんどん増える傾向にあります。

 

イボがどんどんできない状態にするのも大事なケアです。

 

 

自宅でやってはいけないこととしては、ハサミなどでイボを切ることです。

 

小さいイボですから、自分で除去する人もいます。
しかし、不衛生な環境での除去は大変危険ですので、止めてください。

 

 

病院での治療も自宅での治療にもメリットとデメリットがあります。

 

あなたにあった治療方法を選んで、アクロコルドンをキレイにしてくださいね。