馬油で、イボが治せるのは本当?どんな使い方をするの?

「イボや稗粒腫を馬油で治せる!」

 

そんなウワサがあるようなのですが、みなさんはご存知でしたか?

 

馬油をぬるだけでイボなどを簡単に治せるなら、一度試してみたいものですよね。

 

今回は、馬油とはどのような油なのか、イボ取り効果についてや使い方など、気になる馬油について色々と調べてみましたので、ぜひチェックしてくださいね!

 

 

馬油ってなんなの?

まず、馬油は日本では一般的に「バーユ」と読みます。

 

その字でも分かる通り、馬から採れる、動物性の天然油のことなのです。

 

詳しく言うと、馬のたてがみや皮脂脂肪層から抽出されます。

 

副作用の無い漢方薬としても知られていて、火傷や切り傷、ひび、あかぎれ、肌荒れなどにも昔から長く使用されてきました。
人の角質に近い成分なので、使うと浸透が良いです。

 

また、抗酸化作用・殺菌作用・炎症鎮静作用・保湿作用・血行促進作用などのさまざまな作用があることでも愛されています。

 

現在では、美肌効果を求めて使用する人も多く、ニキビ、しわ、しみ、日焼け後の炎症、アトピー性皮膚炎などに対して馬油を使う人も多いです。

 

 

馬油でイボは取れるの?

馬油を首に塗っていたら、首にあった老人性イボが取れたという人が結構いるようなんですよね。

 

確かに、馬油は肌への浸透力も高いですし、保湿力や抗酸化作用、血行促進作用もあるため、肌のターンオーバーを促進してくれる可能性もありますし、老人性イボのケアも可能だと考えられると思います。

 

また、ウイルス性イボに関しても馬油の殺菌作用の効果が期待できるので、ウイルスを死滅させ、イボを無くすことが可能だと考えられます。

 

ただ、残念ながら必ずしもみんなに効果があるというわけではないかもしれません。

 

しかし、馬油が肌に良いことは確実だと思うので、興味のある人はイボ取りとしてではなく、まずは全体的なスキンケアの一環としてやってみると損はしないかもしれないですね。

 

 

馬油の使い方は?

馬油の使い方はとっても簡単です。

 

肌に塗るだけで良いんですよ。

 

ただし、馬油を使うときは、少量を毎日塗ると良いでしょう。

 

 

塗りすぎると毛穴を塞いでしまうので注意が必要です。

 

馬油は食べても平気なくらい副作用もないようなので、気軽に使えそうですね。

 

ただし、イボへの効果自体は確実とは言えないようなので、
「絶対イボに特化した商品のほうが良い!」
という人は、馬油ではなく、イボのケアに特化したものを探してみると良いかもしれません。

 

馬油が自分の希望に合うようだったら取り入れてみてくださいね。