ヨクイニン(はとむぎ)について記事一覧

首や顔などにポツポツとあるイボに使われているヨクイニン。イボに効果があるとされ、昔から漢方薬として使われています。漢字で書くと「慧苡仁」となります。ですが、ヨクイニンを飲んだだけで、全員がイボが治るわけではありません。漢方薬ですが、イボに直接働きかける薬ではありません。ですから、効果がでる人もいれば、出ない人もいます。ヨクイニンを飲むだけでなく、その他のケアもプラスして取り入れるのがおすすめです。...

イボに効果があるとされるヨクイニン。本当に効果があるのでしょうか?どうして効果があるとされているのかを調べてみました。イボのケアとしてヨクイニンを使おうとしているのなら、ぜひ参考にしてくださいね。ヨクイニンは、イボに効果があるとされていますが、実は根拠はありません。医学的根拠がハッキリしているわけではないんです。しかし、ヨクイニンは古くから漢方薬として使用されてきた実績があります。ハトムギの殻を取...

ヨクイニンは副作用がでることは、大変まれです。漢方薬の中でも、ハトムギを原料にしていますから安心して飲めるものになります。イボを治したい人は、昔からはと麦茶やヨクイニンを摂取してきました。皮膚科では、子どもにも処方する薬でもあります。しかし、全く副作用がないわけではありません。ヨクイニンの副作用としては、蕁麻疹(じんましん)発疹胃の不快感下痢体の冷えがあります。蕁麻疹(じんましん)蕁麻疹(じんまし...

ヨクイニンには、粉末タイプと錠剤タイプがあります。どちらを選んだ方が、より効果を感じやすいのか気になりますよね。同じ飲むなら、より効果が高い方がいいですから。ヨクイニンを、イボやニキビのケアの目的のために飲むのなら、どちらも同じです。粉末でも錠剤でも、効果に差はありません。違いは、吸収力です。体内により早く成分が吸収されるのが粉末、粉末よりも、遅れて吸収されるのが錠剤です。ヨクイニンは、「薬」では...

ヨクイニンは漢方ですから、空腹時に飲むのがおすすめです。胃が空っぽの状態で飲む方が成分が吸収されやすいためです。まじめな人は、「食前に飲み忘れたら、飲んだらダメなの?」と考える人もいるみたいですね。飲み忘れた場合の対処方法ですが、飲まないよりは飲んでおいた方がいいです。ヨクイニンは薬ではありません。ですから、「絶対にこの時間に飲まなくてはいけない!」というものでもありません。飲み忘れた場合は、食間...

イボをヨクイニンで治すにはどのくらいの期間がかかるのでしょう?ヨクイニンは、薬ではありませんから効果を感じるのにも個人差があります。個人差があるとはいっても、大体の目安は知っておきたいですよね。そこで、ヨクイニンを飲んでいる人の口コミから期間を探ってみましょう。私は1年ほど、ヨクイニンの錠剤を飲んでいます。水のかわりに、はと麦茶にも変えました。でも、首の周りにできたイボは取れませんでした。首周りの...

イボのケアとしてヨクイニンを飲んでいる人は多いですよね。ヨクイニンは、ハトムギから抽出された成分です。昔から、漢方薬として広く使用されてきました。「ハトムギ茶を飲むよりも、ヨクイニンを飲んだ方が楽。」とヨクイニンを選ぶ人が多いです。確かに、ほと麦茶を毎日飲むよりも、粉末や錠剤になっているヨクイニンを飲む方が楽ですよね。ちなみに、ハトムギと称されるのは食品においてです。漢方薬やサプリでは、ヨクイニン...

ヨクイニンは、飲むタイプだけではありません。直接、イボやニキビに塗るタイプのものもあります。外用薬や、軟膏です。有名なものでは「ぽっつるん」や「肌つるん」などがあります。外用薬や軟膏は、ヨクイニンだけ配合されているわけではありません。他の成分も一緒に配合されています。「ぽっつるん」でいえば、ヨクイニンエキス以外にも、グリチルリチン酸ジカリウム、オウゴンエキス、エイジツエキスなどなど。さらには、ヨク...

「ヨクイニンを飲み始めたら、おならがよく出るようになった。」ヨクイニンは、イボ取りや、肌の調子を整えるために飲むことが多いです。なのに、おなら??これって、ヨクイニンのせいなのでしょうか?ヨクイニンはハトムギか抽出した成分です。子どもから高齢者まで、飲むことができるものです。実際、皮膚科でも子どものイボにヨクイニンは処方されます。それだけ、安心な成分であるとも言えますね。でも、全く副作用がないわけ...