顔が痒い!ヨクイニンのせい?

ヨクイニンは、飲むタイプだけではありません。

 

直接、イボやニキビに塗るタイプのものもあります。

 

外用薬や、軟膏です。

 

有名なものでは「ぽっつるん」や「肌つるん」などがあります。

 

外用薬や軟膏は、ヨクイニンだけ配合されているわけではありません。

 

他の成分も一緒に配合されています。

 

「ぽっつるん」でいえば、ヨクイニンエキス以外にも、グリチルリチン酸ジカリウム、オウゴンエキス、エイジツエキスなどなど。

 

 

さらには、ヨクイニンの粉末を少量で溶いて、直接塗る人もいます。

 

 

顔に塗ったら痒みが!

「ヨクイニンを顔に塗ったら痒くなった。」
という人がいます。

 

赤みがでたりする人もいるようです。

 

ヨクイニン軟膏は、ヨクイニンだけが使われているわけではありません。

 

ですので、何が原因で顔に痒みが出たかの判断は難しいです。

 

何か原因で肌に合わないのかもしれません。

 

ヨクイニン軟膏の成分をみて、自分のアレルギーのものが使われていないか確認してくださいね。

 

化粧品でも、自分の肌にあう、あわないはあります。

 

ヨクイニン軟膏も合わなかったら、使用は中止してくださいね。

 

 

さらに、ヨクイニンの粉末を直接塗っていると刺激が強いのかもしれません。

 

あくまでも、飲むためのものです。
顔に塗るために作られていません。

 

ですので、粉末を直接塗るときは、自己責任において行ってくださいね。

 

 

どうしても、ヨクイニンが使用されている軟膏を使いたいのなら、化粧品タイプのものがおすすめです。

 

スキンケアとして使える化粧品にも、ヨクイニンが使用されているものもあります。

 

大抵、それらの化粧品は肌に優しく作られています。
敏感肌の人も、子どもも、高齢者も使えるものが多いです。

 

ヨクイニンを使おうとしている人は、肌にイボがあるなど、トラブルを抱えている人です。
だからこそ、肌に優しく、それでいて効果があるように作られています。

 

 

ヨクイニンを飲むだけでなく、肌の外側からもケアしたいのであれば、使うものはきちんと選んでくださいね。