おならが止まらない。これってヨクイニンのせい??

「ヨクイニンを飲み始めたら、おならがよく出るようになった。」

 

ヨクイニンは、イボ取りや、肌の調子を整えるために飲むことが多いです。

 

なのに、おなら??

 

これって、ヨクイニンのせいなのでしょうか?

 

ヨクイニンはハトムギか抽出した成分です。
子どもから高齢者まで、飲むことができるものです。

 

実際、皮膚科でも子どものイボにヨクイニンは処方されます。

 

それだけ、安心な成分であるとも言えますね。

 

 

でも、全く副作用がないわけではないんです。

 

副作用の一つに、「下痢」があげられます。

 

つまりヨクイニンを飲んで、まれに下痢の症状を起こす人がいるということです。

 

 

おならは、ヨクイニンの副作用?

ヨクイニンの効果の一つに、体の代謝を高めるという効果があります。

 

イボ取りを目的として、ヨクイニンを飲んだとして、イボだけに効果があるわけではありません。

 

胃や腸の代謝が高まることで、胃腸の働きが活発になります。

 

活発になりすぎて、下痢の症状を弾きおこすのではないかと考えられています。

 

 

また、下痢の症状は漢方の飲み始めのころに、よくみられる症状でもあるんです。

 

軽い下痢、
「お腹が少しゆるくなった。」
「お腹が痛い。」
「お腹が張る・・。」
という軽い症状の場合は、漢方による好転反応の可能性があります。

 

しばらくして、下痢が治まることもあります。

 

 

ただし、下痢の症状が続く場合はヨクイニンの服用は止めてください。

 

「ヨクイニンを飲んだら、おならが止まらない。」

 

という人は、胃腸の活動が活発になっているのかもしれません。

 

おならだけで、下痢の症状が出ていなければ、それほど気にすることはないでしょう。
むしろ、ヨクイニンの効果が現れている証拠かもしれませんね。